生まれもっての才能ではない、センスを磨くために日々できること

 

Bonjour!

プリちゃん(PriusShota)です!

光と色彩が大好きなアーティストである著者が

「生まれもっての才能ではない、センスを磨くために日々できること」について書いています。

生まれもっての才能ではない、センスを磨くために日々できること

photo by @priusshota

 

「センスを磨くためにはどうしたらいいのだろう?」と、一度は考えたことはありませんか?

 

センスは才能とよく勘違いされやすいものなのですが、才能とは違って自分の努力と工夫次第でどんどん磨いていけるもの。

私はこのことをとても実感しているので、現在進行形で色んな分野に関してのセンスを磨いていく日々を過ごしています。

 

なぜなら、昔の私は「センスがない。。」と嘆きがちだったのですが、そこから様々なアクションを起こして続けていくことで、時間はかかったけれども、みるみる変わっていくことができたからです。

 

そこで今回は、「生まれもっての才能ではない、センスを磨くために日々できること」として書いていきますね。

 

 

 

1. 情報収集をして知識をつける

photo by @priusshota

 

何かの分野でセンスを身につけたい・磨いていきたいものがあるとしたなら、それに関する知識を最初は特に知る必要があると思います。センスは知識の積み重ねの結果から生まれるからです。

はじめはベーシック(=基本)を学びつつも、「どういうのが良くて、どういうのがイマイチなのか」、自分の中にある判断力や基準を高めていきます。

 

一番良いと思うのは、どっぷり浸るくらいセンスを磨いていきたいものに集中すること。私の場合だと、英語→ファッション→写真→デザイン→webアートの順番で浸ってきたのですが、時にはその業界で働きながら勉強していましたね。

寝食を忘れるくらいどっぷり浸っていても、「全然足りない。。!」と感じる日々なので、常に向上心を持ってセンスを磨くために勉強していくことが大切なのかなと、私は思います。

 

 

2. 参考になる人、本から学ぶ

photo by @priusshota

 

センスを身につけたい分野で、トップの人がいるかと思います。その方々をSNSでフォローして、毎日のようにタイムラインを追って徹底的に観察・研究してみる、自分にできることをどんどん取り入れて実践してみることも、続けてきてとても良かったことです。

あと、それと同じように本からも沢山学んでいますSNSをされていない人でも凄い方は世の中に多くいらっしゃいますし、過去の偉人たちの考え方を知るだけでも、とても勉強になるばかりです。。。!

 

私もセンスを身につけたい分野がいくつかあるので、その分野に関わっている方々をフォローして毎日チェックしたり、本も月に数冊以上は読んで、youtubeで動画コンテンツもあれば、それも全部目を通して学習しています。

相手から学ぶことはとても大きすぎるので、センスを磨いていくためにも沢山勉強させて頂いてます。

 

 

3. 一流の芸術作品など本物に触れる

photo by @priusshota

 

私はよく美術館へ足を運んで絵画鑑賞をしています。個人的に絵画鑑賞することが大好きだからというのもあるのですが、一流と呼ばれる本物に沢山触れていくことで、一流とそうでないものの違いについて知ることができるからが一番の大きな理由です。

最初、私は全然その違いがわからなかったのですが、年々、経験を積み重ねていくうちに、徐々にその違いがわかるようになってきました。

日常は本当に一瞬で過ぎていくからこそ、自分から望んで本物に触れる体験を選んでいくことは、とても大事だなぁと感じています。

 

例え、美術館で絵画鑑賞をしなくても、映画や本、音楽など、センスを身につけていきたい分野だったら何でもOKだと思います。日常を過ごしていく中で、様々な催し物が開かれています。「一流に触れていきたい」という考えを持つようになったとしたら、その分アンテナも張り巡らせて必要な情報もキャッチしやすくなりますよ。

 

 

 

4. 自分を知り、五感を磨く

photo by @priusshota

 

きっとセンスを磨いていくためには、必要な知識をつけて、相手を知る以上に、自分自身のことを知って、五感を磨いていくことも大切なのではないかなと実感しています。

自分のことを知らないと、何のためにセンスを身につけるのかわからなくなってしまうからです。

 

自分はどういうものが好きで、どういうものがあんまり良くないと思うのか」、「何が一番心に影響を受けているのか」などなど。

私は自分自身のことを知るためにずっと、自分の内面を見つめては対話をし続けてきたので、私にとって何が一番好きで嫌いかは以前と比べてとてもわかるようになりました。

 

そうすればあとは、自分好みに合わせて毎日触れるものを整えていくだけ。身につけるものから、聞く音楽、よく足を運ぶ場所など、自分自身の五感をさらに磨いていくために、全部セレクトしていきます。センスは毎日触れているもので出来上がっていくと実感しているからです。

 

 

5. 色んなことを経験する

photo by @priusshota

 

センスは経験したことの積み重ねなので、様々なことにチャレンジして経験値を積んでいくこともセンスアップに繋がっていくと思います。

そうして積み重ねてきた経験値の点と点が、線になっていく時があるからです。私が今、メインで行っている創作活動のテーマ『心に灯す光と色彩のパレット』も、それまでに積んできた経験値のおかげで生まれました。

もし色んな経験をしていなかったら、このテーマはきっと生まれていなかったでしょう。

 

私はとっても五感が感じやすいタイプなのですが、自分自身の持っている気質に負けず、色んなことにチャレンジして失敗し続けてます。その都度、悔しさが毎回こみ上げてくるのですが、諦めたらそれでおしまいで、終わりにしたくないからこそ、日々頑張っています。

 

 

6. 自分で選んで、何か形にアウトプットし続けていく

photo by @priusshota

 

これまでにお話ししてきた内容はどちらかというとインプットの話でしたが、同じくらいアウトプットしていくこともとても大切だと、私は思います。

何か形に出していくことではじめて、相手に知ってもらうことができるのと、「センスが良いね」と言われるようになることも、相手ありきのことだからです。

 

アウトプットの内容は、センスを身につけたいものなので、人それぞれ違ってくると思います。今はSNSやブログで沢山の人に知ってもらえるチャンスがあります。私も一番はじめはアウトプットすることを躊躇していた時期もあったのですが、慣れてしまったら歯磨きする感覚で何も気にせずに投稿ができるようになりました。

 

あと一番良かったことは、続ければ続けるほど「もっとこうしてみようかな?」とグッドアイデアも浮かんできて、よりブラッシュアップがしやすくなったりもします。

 

このようなアウトプットしていくことも、自分の選択の一つ

全てにおいて自分の選択次第で、結果は変わっていくのかなと私はとても実感するので、「センスを磨いていくために必要な選択と行動ができているかな?」と、自分自身によく言い聞かせてます。。。

センスは一朝一夕では身につけることが難しくて、時間がかかるものなので。。!

 

 

まとめ

photo by @priusshota

 

今回は、「生まれもっての才能ではない、センスを磨くために日々できること」として書いていきました。

センスがないなりに今まで実践してきたことが、誰かにとってプラスになったら嬉しいなと思ったので記事にすることにしました。

 

私も言うてまだまだで、センスはとても欲しいものなので、そのためにも毎日努力ですね。。。!分野は違ったとしても、共にセンスを磨いていきましょうね!

少しでも参考になったら嬉しいです。

 

プリちゃん

 

スポンサーリンク

 

|| Art  / アートに関する関連記事 ||

アーティストへなるために、必要な資格は何も要らないと思う話

愛と官能の画家グスタフ・クリムトの展示、『クリムト展 ウィーンと日本1900』を鑑賞して感じたこと

創作するために大量のインプットからはじめよう

『ピカソ思考 破天荒で独創的な人生を生きるための52のレッスン』を読んでみて感じた事

アーティストやクリエイターにとって嬉しいこととは?

個展を開催する意味と、得られた沢山の幸せと学び

アートを創作することは、心を癒すセラピーにもなるから

 

 

Prius Shota (プリちゃん)
ARTIST

 

東京在住のアーティスト

写真と語学が大好きな27歳。
好奇心旺盛でフレンドリーな性格。

 

『心に灯す光と色彩のパレット』

写真創作活動オリジナルテーマ。(since 2016)
淡い光と豊かな色彩で描く幻想的な作品を通して、
穏やかな気持ちや癒し、日常にアートをお届け。
吉祥寺にて初個展開催、ロンドンの展示会にも出展経験あり。
 
令和元年11/21-26まで、京都個展開催。
 
お仕事依頼に関しては、“CONTACT+ABOUT ME”から。

 

 

★プリちゃんの撮影はこちらから!

 

 

★プリちゃんのInstagram、フォローしてね!

 

 

★プリちゃんと個別で連絡とりたい方

IDは @tlg0780j で検索!

 

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です