初の海外展示!イギリス・ロンドンの展示会に出品しました!

Bonjour!

プリちゃん(PriusShota)です!

5/29〜6/2まで開催された、
イギリス・ロンドン🇬🇧にある、
Menier Galleryでの展示会、

“DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 in LONDON”。

実は、私の作品1点をこの会期中に展示させて頂きました。

 

初の海外展示を終えました!

私は会期中にロンドンの会場へは足を運んでいないのですが、(本当はめっちゃ行きたかった。。!!!)、作品一点だけイギリス・ロンドンにあるアートギャラリーにて初の海外展示をさせて頂きました!!

 

“Les chants du cosmos -コスモスの歌-” photo by @priusshota Menier Galleryにて展示した作品。

 

会期終了後には、主催・運営する企業様から“終了報告”を頂きました。

その中で、現地で展示された様子の写真や、
英国王立美術家協会(RBA)の副会長である、
ミック・デイヴィス氏含む、審査員からの
コメントも頂くことができました!!

(英国王立美術家協会の名誉会員には、大好きな印象派の巨匠、クロード・モネ😭)

審査員の一人である、ミック・デイヴィス氏からは、、、、

写真一番上:Menier Gallery, London , UK 写真一番下: ミック・デイヴィス氏。

”光の捉え方が上手い。絵画的な作品で魅了される。ターナーの作品を彷彿させ、ヨーロッパの人からはとても親近感を持って取り扱ってくれるのではないだろうか。只、どうしても日本人として見てしまうと日本の要素を求めてしまう。それがあれば、より人気がでるのではないだろうか。”

という有難いコメントを頂戴しました。

 

“DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 in LONDON”とは?

photo by @priusshota

株式会社クオリアートが主催する、イギリス・ロンドンのアートギャラリーにて、来場者と審査員によるコンペティション形式で実施する日本の美術展覧会。

このコンペティションでアワード(賞)を獲得した受賞者には、ギャラリー八重洲・東京にて招待出展されるという特典も。

会場である、Menier Galleryは、150年近く前に建てられた古いチョコレート工場をリノベーションしたギャラリーで、国内外多くの現代美術作家に活用されている有名なギャラリー。

出展する作品のジャンルは、日本画・洋画・彫塑陶工芸・書道・写真 etc…、オリジナル作品一点の中から自由に決めることができます。

 

出展する形となった経緯

photo by @priusshota

私は約一年前に、“展示会出展のお誘い”を私のHPを通してメールを頂き、今回展示させて頂く機会を得ることができました。

只、出展するためには“出展料”が必要となりました。

出展料=¥98.000(海外輸送、海外保険、搬入出、審査など)

 
最初は出展することに迷いがあったのですが、海外展示に参加することは一つの目標であったことと、中々機会がない貴重な体験、且つ実績の一つになること、海外輸送や海外保険から当日の作業まで代行してくださる点であること。。。といった理由から出展する運びとなりました。
 
私の場合はPolcaで募ったパトロンの皆さんからのご支援と、残りは分割でお支払いして出展する形となりました。
 
 

こうして海外展示が無事に終えることができたのも、出展に対するご支援して下さった方々、日頃から応援して下さっている皆様のお陰様で達成することができました!!本当にいつもありがとうございます!

 
 
【出展から終了までの流れ】
 
 
1.ご案内メールが来る。
2.展覧会や参加するための条件など、株式会社クオリアートの本社にてお話を伺う
3.料金のお支払い(分割できます)
4.指定される期日までに作品を提出する。
5.会期当日を迎える。(私の場合は現地へ行かなかったため、作品のみロンドンへ)
6.会期終了後、一ヶ月後に”終了報告(=会期模様の写真や審査員からのコメントなど記載された文章)”と御礼のポストカードが家に届く。

 
※お話をお伺いしてから、当日まで特に問題がなければ相手から連絡は来ませんでした。何か質問や相談があれば、自分から連絡をとってご丁寧に対応してくださいました。
 
 
 

海外出展を終えてみた感想

photo by @priusshota

正直なところ、実際に現地(イギリス・ロンドン)へ出向いてその模様を見たかったことが大きかったですね。。!!只、海外展示に出品をしたことで、日本ではなく、イギリスの多くの方々に私の作品を鑑賞して頂けたことは、貴重な体験になりました!また、審査員である、ミック・デイヴィス氏も仰っていたように、“日本人としての、日本の要素”を作品に取り込めば、また何か変わってくるのでは?と新しい気づきを得ることもできました。 

私はゆくゆく海外の各地で個展を開催していきたいので、その時には”日本の要素も取り入れた作品”も用意してみようと思いました。

出展料は少し高くことが難点ですが、“今後アーティストとして活動の幅を広げていきたい!”と望んでいる方にとっては、料金を払ってでも海外展示へチャレンジしてみる価値はあると思います。

本当に素敵な機会をありがとうございました! これからも精進して参りますので、応援よろしくお願い致します!

 

プリちゃん

 

 

Prius Shota (プリちゃん)
Art Photographer / Designer

 

東京在住のアートフォトグラファー・

デザイナー。
写真と語学が大好きな27歳。
好奇心旺盛でフレンドリーな性格。

 

『心に灯す光と色彩のパレット』

写真創作活動オリジナルテーマ。(since 2016)
淡い光と豊かな色彩で描く幻想的な作品を通して、
穏やかな気持ちや癒し、日常にアートをお届け。
吉祥寺にて初個展開催、ロンドンの展示会にも出展経験あり。
お仕事依頼に関しては、“CONTACT+ABOUT ME”から。

 

 

★プリちゃんの撮影はこちらから!

 

 

★プリちゃんのInstagram、フォローしてね!

 

 

★プリちゃんと個別で連絡とりたい方

IDは @tlg0780j で検索!

 

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です