【Thought 】写真を撮られることが苦手な人を撮影する時に大事なこと。

 

 

 

Bonjour!!

 

フランス語が大好きな
アートフォトグラファー、
Prius Shota (プリちゃん)です♪

 

Bonjour! My name is Prius Shota (Puri-chan), Art Photographer, love French.

 

昨日、撮影したお客様のことで学びになったことをリマインド。

I keep a record I’ve learned what my customer service yesterday.

 

 

撮影時はいつも事前に、ご希望のイメージなどヒアリングを予めしてから撮影に臨みます。

At first, I usually ask my client for their opinions and demands of shooting service when I do so.

ただ、今回のお客様の特徴は「写真が苦手」とのことでした。

This time client has characteristics, such as “A person who doesn’t like to be taken a photo”.

私も自身に対して結構コンプレックスを抱えていて、写真を撮られることに対しては苦手意識を持っていた時期もあったので気持ちはわかります。。

I know what its feeling that because I also has had so many complexes and a little bit of trouble with being taken a photo.

だけど、いざ撮る側に回ったら「喜んで頂けるように頑張らなきゃ!」って画角やライティングやポーズなど撮影することや技術面ばかり夢中になってしまって、ついついお客様のお気持ちを忘れてしまう時も。。
特に、○○時間までと撮影時間が限られているなら尚更です。

However , it turned out to be a photographer who is really into not a technique, such as an angle of view, lighting, and posing something like that , that’s just why “I’ll do my best for clients “, but a client’s feeling.
And this tendency is particularly strong in the case of shooting time limited.

 

 

写真を撮られることが苦手な人を撮影する時に大事なこと。

 

 

 

だから昨日は改めて、「どうしたら撮影に対して苦手意識を持たれている目の前のお客様が、少しでもリラックスできたり、楽しんで撮影時間を過ごすことができるのかなぁ?」と考えてから撮影することにしました。

Thus, I thought well again yesterday , “What kind of shooting hospitality would make a person who doesn’t like to be taken a photo be satisfied that? “, and then act before shooting.

実行してみて一番良かったこととしては、

The best actual an action is;

「笑って〜」や「スマイルして〜」と指示するのではなくて、「一番美味しかったご飯のことを想像してみて〜」や「花は自分からミツバチを探しにいきますか〜?」←ってどっかから拝借して伝えたり、「最近何か面白いことありましたか〜?」と突然振ったり。etc..

•Not giving “Smile, please “.
•Giving,”Could you imagine the best food you’ve ever had ?”
•”Does a flower go looking for its honeybees?” ← Borrow from somewhere lol
• Giving suddenly, “Anything interesting going on with you lately ?” etc..

 

撮影指示に全く関係ないコミュニケーションを増やすことが

“Increasing a communication totally unrelated to this instruction.”
 


お客様の緊張感をほぐし、作った笑顔ではなく、自然で素敵な笑顔を引き出すことができたのです。

Makes client relieved tension and brought out not a forced smile but a natural smile.

 

まっ、時にはスベって失笑する時もありますし←、お客様は十人十色なので、コミュニケーションをとりたくないと望まれる方も中にはいらっしゃるので必ずしもではありません。

Sometimes, that joke left them cold and burst out laughing… And there are as many option as there are people, so I don’t think it was necessarily . e.g. He or she doesn’t want to talk completely.

その結果、お客様から「撮られることに慣れていないし、苦手だから始めは緊張したけど、本当にあっというまで楽しい撮影でした。」と感謝のお言葉を頂くことができました!

In the end of shooting, I received a heartfelt expression of thanks from client . “It has finished in the blink of an eye, we were not used to be taken a photo and were nervous, though. “

 

今回の機会に振り返ってみて

 

 

どうしてもね、フォトグラファーとかそういうアーティスト気質の人はプライドがあるから、技術面ばかり追求してしまう時もある。私もそのような時もあるし。。

Whether one is willing or not, a person whose artist temperament is proud of one’s job, so they sometimes pursue a technique only. That applies to me too….

だけどね、やっぱり相手ありきのお仕事だから、

 

目の前のお客様が喜んで頂けるためにはどうしたらいいのかな?って第一に考えて撮影すると、お客様にとっても、自身にとっても、win-winで楽しいひと時を過ごせることができる。

But, as far as I concerned, the point is we can worth spending the same time for us when I just primarily think about “How should I do for the client’s happy? “. Because the job cannot exist without a customer.

そう、改めて気づかされた撮影でした。

Then I again realized it’s important thing when shooting.

コーヒーにシュガーを10本いれたみたいな、まだまだ未熟な私です。できている時もあれば、できていない時もあります。そもそも、気づいていない時もあります。

I can’t call myself experienced just as one take 10 sugar sticks in a cup of coffee. Sometimes I can, and sometimes cannot. I’m not aware of that in the first place.

だから、少しずつでも小さな気づきを得て成長していこうと。

Thus, Slowly but surely, I’m willing to grow my spirit and humanity of people by realizing a small awareness.

 

長文をご覧頂きまして、本当にありがとうございます☺️ 少しでも何か貴女にプラスになれば幸いです。日々精進、日々邁進ですね。

Thank you very much for reading this to the end. I would be glad if I could help you even just a little. I will keep on driving forward towards my goal.

 

 

 

 

「あなたの心が灯されますように。」
「その灯がまた誰かを灯すこととなりますように。」

“Hope to inspire you.”
“And it hopes to inspire someone.”

#心に灯す光と色彩のパレット
#lalumiere_lacouleur

アートフォトグラファー
Prius Shota (プリちゃん)

 

【NEWS】Artrepo/アートレポ様よりインタビューを受けました!

Bonjour!

アートフォトグラファーのPrius Shota (プリウス ショウタ)と申します !

 

音楽・芸術分野で活躍するアーティストを紹介するWEBサイト, Artrepo / アートレポ様より有難くもインタビューを受けました!

 

“心に灯す光と色彩のパレット”を取り組み始めたきっかけや、作品に対する想い、今後の目標などに応えています。

 

もしよろしければお時間あるときにご覧頂けると幸いです♪

 

Prius Shota(アートフォトグラファー)

 

今日も素敵な1日となりますように♪

 

Pri Log: プリログとは?

Bonjour!!!  Pri Log プリログへようこそ!!!

 

アートフォトグラファーのPrius Shota (プリちゃん)です♪

 

Prius Shotaのブログは、【NEWS】,【Thought】, 【Report】,【VOICE】で成り立ちます。

Bonjour!!! Welcome to Pri Log (Prius Shota’s Blog )!!!

 

My name is Prius Shota (Pri chan) : Art Photographer.

They are roughly divided into the following; 【NEWS】,【Thought】, 【Report】,【VOICE】.

 

【NEWS】  

  • Prius Shotaの最新情報 

Prius Shota’s the latest news.

  • 個展やイベント、オフ会等ご案内, 等。

Information of exhibition, event, offline meeting ,etc.

 

【Thought】

  • 日常で感じたことや想いなどを綴っています

Diary : My thought, feeling, etc.

 

【Report】

  • 『心に灯す光と色彩のパレット』制作の裏側などご紹介。

Introduction : backstage, offstage of “La lumiere et la couleur”.

 

【VOICE】

  • Prius Shotaの世界観を体験した、お客様の声

Client’s  testimonials.

 

 

 

 

投稿は、下記の“NEW AND RECENTLY UPDATED ARTICLE”でご覧いただけます。

 

Please go to the below “NEW AND RECENTLY UPDATED ARTICLE” to see the latest article.

 

是非お時間あるときに見てねっ!!

Please take a look at my blog when you have some time. Check it out~!

 

 

 

Art Photographer 

Prius Shota (プリちゃん)より